写真の持つ力

見ていい意味でショックを受ける絵画もあるけれど,写真にもある。

ずっと昔,山形県酒田市にある土門拳記念館で見たモノクロの仏像写真は,強烈でした。

壁面いっぱいに引き延ばされている大きさの迫力は当然として,少しの狂いもないピント。
陰影。写真の存在そのものに圧倒されました。

インターネットと各種画像公開サービスで,世界のいろいろな方たちが撮影し,
あるいはレタッチを加えた作品を目にすることがあり,いいなあ,凄いなあと思う写真に出会います。

その中で,Twitterで知り合った@tomoe12さん(http://z.twipple.jp/user/tomoe12)の写真を紹介します。  http://twitpic.com/4ssv5o

@tomoe12さん撮影 常磐西線

@tomoe12さん撮影 常磐西線 2011/5/3UP Twitpicから 

エルゴ・プラクシー(Ergo Proxy)(http://www.ergoproxy.com/)
という作品があって,そのオープニングがとても幻想的でありもの悲しくあり,とにかく印象深くて強烈な印象を私に与えたのですが,この写真も同じ雰囲気を感じさせていただきました。

同じ写真や,絵画でも,人によって受け取り方は全く異なりますが,少なくとも,今回,私自身が,いいなあと思える作品に出会えたことは,幸せなことだと思っています。

広告

投稿日: 2011/05/04 | カテゴリー: Pictures,Photos | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中